スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
吹奏楽コンクール…私的観覧感想。
2008 / 08 / 06 ( Wed )
本日もとっても暑かった札幌です…て、本州の人からしたら、「これで暑いのか!!!」と言われるのは承知であります…でもね、今季初めての32℃・31℃予想の天気の予報なんですよ、あはは。


080806
そんな中行ってきたのは、『第53回全日本吹奏楽コンクール北海道予選 札幌地区大会』というもの(場所は、キタラ:札幌コンサートホール)


そう、ここのキタラというコンサートホールに家から自転車で行くという暴挙?
地下鉄の駅でいえば8つの駅を自転車で漕いでいくという…所要時間は45分程。意外に近いですな。

暑いけど。%91%B2%98%B2%E8%5C

ちゃんと、日焼け止め塗って、帽子冠って手袋して、水分補給して…と暑さ対策は万全ですから!

そう、毎年書いてる様な気がするけど、私は中学・高校と吹奏楽部。

で、母校が出ている、高校A編成を観に行く。


《解説》
北海道の表記の仕方になるかもしれませんが、中学・高校は
A編成が50人以内までの編成で、地区大会→全道大会→全国大会と、上に続いて行く編成。
課題曲と自由曲の2曲演奏する。
B編成は35人まで・C編成は25人まで。どちらの編成も自由曲1曲のみ。
B編成・C編成は全道大会止まりだったが、数年前から、東日本コンクールとかというものが出来たそうで全国じゃない大会に出られるそうです。
よく、上手いとか言われるのが、A編成の団体でみんなの憧れなんですね。

いや、50人以内だから、別に25人で出てもいいんですよ。でもね、少ない人数だと、それだけ個人の技量が問われる訳です。それに、音量に差が出て迫力に差がやすいし。
なので、人数が多い方が、有利と言われます。
とはいえ、たくさんの人数を取りまとめるのも、かなりの大変さがあるので無闇にたくさんでも…うーん、難しい。


そう、このところ3年間地区大会止まりだった、我が母校…

新しく勢いのある学校も出てきたし、もううちの母校も時代遅れ…ならぬ、もう過去の栄光か?
と思っていたんです。

で、今回、時間もあったし観に行ったら、なんと一番最後の出番。

そう、こういう表現する物って、圧倒的に後の方が有利といわれるんですけど。

曲目は指揮者の先生(注:母校の指揮者の先生は、外部の先生で、とある大学の指揮もしているし、市の消防署の指揮者もしていたりする…ので、母校の指導ばかり出来ないので…あとは生徒の自主的な練習なんです。強豪校にありがちなスパルタとか熱心な毎日の指導…というのではないので、ちょっと特殊ですよね。顧問の先生は本当に事務的な事をやってくださり、まるでサポーターみたいなんで、「応援」はすれども「指導」はしないんですね)が大好きそうな、課題曲のマーチ(先生は、元々トランペット奏者)と自由曲(今回のは『空中都市「マチュピチュ」ー隠された太陽神殿の謎ー』八木澤 教司 作曲)

そう、先生はあんまり知られてない曲で、なんて言っていたらいいんだろう?
うん、たぶん、私の曲の好みも先生の影響を受けたと思われる、あっちこちでいろんなことやっている曲というのか。

たしかにあまり知られていない曲なんだけどね。

最初、座ったところから、ビックリしたのよ。

吹奏楽にはだいたい、座る位置が決まっているんです。オーケストラとかもだいたい決まっているのと一緒で。

とはいえ、人数の少ない編成だと、座る位置を結構変えたりしやすいんです。
というか、位置によって、聞こえ方が違うじゃないですか。

エレクトーンの音色設定でも位置設定がありますし。

それを、人数に限りが有り、不利と言われる少ない人数の編成の時、行うと効果的な場合が有ります。とはいえ、それがちゃんと把握出来ている指揮者に限りますがね。

なんでもかんでもやってしまうと、個性ではなく、ハチャメチャで音楽にならなくなりますので、そのさじ加減が難しい…。

とはいえ、母校の指揮者の先生は、私の高校2年の時に大胆にもトランペットとホルンの位置を変えて度肝を抜いたのですが、審査員に絶賛され、見事全道大会に行って銀賞を貰ったりしたんですけど。

なんですけど、多い人数のA編成なんぞはスペースに余裕が無いのもあるので、多少の入れ替えはあっても、さほど変わらないんです、並び順は。

毎年、なるべく見ようと思っていても全部は見れていないのでわからないですけど…

今回、(たぶん)うちの高校がA編成で変則的な並び順で座っていたし!!!

並び順見ただけで、今年は行けるかも?と思ったり。

演奏聴いたらね…

いつもは、自分の母校なので欲目が有って、差し引きしてもボーダーラインかな?と思うことが多かったりしたんだけど…

今日は、全然違う!!!!

演奏の途中で、『これは、全道大会に行けるぞぉ!!』%E4K

そう、それだけ凄かったんです。
5団体行けるけど、圧倒的に上手い、「東海第◯」は別格。
地区大会は「白○」もたいした事なかったしね(でも、全道大会には立て直して来るんだよね…)
その他昨年の全道大会出場した高校のうち3校が地区大会敗退となり…

私の母校が、全道大会に行ったぁ~!!!%E4K
いやぁ、自分の事みたいに嬉しいわ♪
たぶんね、2、3番目くらいに抜けたわ(欲目含む・笑)
全然、危なげなかったもん!




そうそう、おまけ。

今回観て、驚いたのが、

「光○高校」が共学になっていて…
いや、一応、新聞で知っていたんですよ。(ローカルな話しで、すんません)
でもさ、男子ばかりだったのに、女の子がいてさ、しかも50人メンバーいるし(以前は、50人集まらなかった)%E8%5E%82%82

「大○高校・中学」は、保科洋 作曲の「風紋・原典版」を吹いていて、金賞取っていた。


そう、この、「風紋」という曲は20年程近く前になるのかな?たぶん、吹奏楽の課題曲で一番愛され、課題曲じゃなくなっても、毎年、あちこちの自由曲で演奏されているという…。
私も憧れの1曲
その、保科洋さん、今回の吹奏楽コンクールの地区大会の前半の審査員だったそうな


ともあれ、良かった人も芳しくない結果だった人も、まずはお疲れさまでした!
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 44 : 07 | ふにゃ~のつぶやき。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<私もあなたの作品の1つ。 | ホーム | 百合に寄せて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://funyarocky.blog123.fc2.com/tb.php/151-04b0354e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。